無意識。行動を促す「こっちのほうが良いかも?」は一度疑うべき。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは
シンディーです。
皆さんは無意識を意識することはありますか?

「無意識にこうしてたな」

と思うことってないですか?

「自分が無意識に楽な方へ、自分を信じない方へ行くところだった」

とちょっとヒヤヒヤしたことがありました。
それは意識的にというか、無意識な感じでした。

【それが良い方法かもしれないの罠】

あなたは何かを一生懸命やっていて、

「今やっていることより、こっちの方が成功するかもしれない」

そう思った経験ってないですか?
特に何かをやり始めて、まだまだ発展途上の時にこう思ったことありませんか?

今日私はまさにそんな「こっちの方が良いかもしれない。成功できるかもしれない。」と思った瞬間がありました。
普段からいかに自分のやりたいことで生活ができるようになるか考えながら、できることを見つけて作業しています。
色々調べていると、もちろん色々な情報が出てきます。嘘だろ?と思うような情報やこれは本当に良い情報だと思える情報など様々です。
ビジネスについてもビジネス本が沢山存在するように、沢山の手法やツールなどがあり、その中で自分でどれが合うか?どれが本当に正解なやり方かを見極めていかなければいけません。

そこで

「自分がこの方法でやってみよう。この方法なら自分に合っているかもしれない」

と思ってやり始めます。
そして一生懸命挑戦します。それで爆発的に大きく前進するのは滅多にないと思います。
やはり地道に続ける中で、そこで途中で大きく伸びるとかはあると思います。

私はこの方法で頑張ろうと思って、やり続けているのですが、今日は他の手法に興味を持ちました。そこで

「実践している手法をやりながら、その方法もしてはどうか?」

とふと思ったんです。

「これならもっと早くビジネスを大きく出来るかもしれない。これなら今やってることを引っ張ってくれるかもしれない。」

この考え方って一生懸命頑張って色々な選択肢や可能性を模索しているので一見良さそうな判断に思えます。
でも、今の私にはこれは良くないと判断しました。

【まだ全然やっていないし、徐々に成果は出てるじゃないか?】

まさにこの言葉が私の中で浮かび上がりました。
どういうことかというと、冷静に自分を見つめ直した時に気がつきました。

・私は他の良いかもと思った手法に逃げようとしていた。
・今自分がやっている道では成功できないかもしれないと疑った。

これが気がついたことです。私は早くビジネスを大きくしたくて、常に「どうやって大きくするか?」を考えているんです。
ここで、「早く大きくしたい」という気持ちが私を間違った方向へ無意識に導こうとしたんです。

一言で言うと「焦っている」

あれだけ「一からコツコツ積み上げること、自分を信じること」と言いながら作業しているのに、作業していたはずなのに、無意識に楽な方、逃げる方に引っ張られそうになっていました。

これは本当に危なかったと思いました。
色々「模索すること」「逃げること」を履き違えようとしていました。
しかも「逃げること」がまるで画期的なアイデアだと自分に信じ込ませようとしていたんです。

冷静に考えると自分が引っ張られそうになった新しい手法は、今自分がやっている手法に活かすこと、そもそも自分がやっている手法でもできることだと気づきました。

【自分のテンションが上がる良いアイデアだと思ったとしても】

一度冷静に考えてみると良いかもしれないと思いました。
「それは本当に良いアイデア?それは今のやり方が間違っていると思うの?」
というように自分に一度問いかけても良いかもしれません。

あなたの選択は本当に自分を信じた行動ですか?

今一度考えてみてください。
読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。









コメントを残す

*

1 × five =