天職の見つけ方ってあるの?呼ばれるゲストにいつも違和感を感じる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは
シンディーです。
あなたは将来何になりたいですか?
年齢に関係なくなりたいもの、やりたいことってあると思います。

自分のやりたいこと、なりたい自分っていつ決めるべき?

高校生ぐらいの子達でさえ既に「自分は〜になる!」と決めている子。
決めれずに悩んでしまう子もいます。

私が高校の頃なんて仕事のことなんて何も考えていませんでした。
でも、私よりずっと若い子が進路選択やキャリアについて決めないといけなかったりします。

私が思うのは「やりたいこと」「なりたい自分」がまだ見えないなら探し続けて良い。途中で変わっても良い。

よく講演などでゲストで呼ばれる人は

「小さい頃から〜してました」
「ずっとこの仕事をしてきました」
「やりたいことを実現しました」

というような人たちが多い気がします。
そんな話を聞く人たち全員が

「こんな人になりたい」
「こんな仕事がしたい」

と思えれば良いのですが、本当に自分がなりたいことや
なりたい自分が分からない人は

「これはこの人だからできたんだ」
「この人はそれを見つけたから」
「この人は頭が良いから」

と思って引いてしまったり、余計落ち込んだりしてしまう人もいると思います。若い子たちに話を聞いていると、やはり将来どうして良いか分からずに悩んでいる子は多いようです。
しかも、一度これをすると言うと、もう変えられないんじゃないかという恐怖感や義務感が強いのではないかと感じている印象を受けます。

ある動画で衝撃を受けた。

ある人から一つの動画を紹介してもらったことで、そんな若い子たちと同じように悩んできた私の力が抜けました。楽になったんです。

エミリー・ワプニックさん
『転職が見つからない人がいるのはどうしてでしょう?』(TED)
https://www.ted.com/talks/emilie_wapnick_why_some_of_us_don_t_have_one_true_calling?utm_campaign=tedspread–b&utm_medium=referral&utm_source=tedcomshare

この動画を見て、私の中で何かが弾けました。
今まで重たい荷物を持っていたのを下ろせた気がしたんです。

そこで私は思いました。

「探し続けよう。探すのを諦めたら終わりだ。」

もしあなたも「やりたいこと」「なりたい自分」が分からなくて悩んでいるのなら、一度この動画をプレゼンを見てみてください。

私もまだはっきり、明確なものは見つかっていませんが、これからも探し続けたいと思っています。

読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。









コメントを残す

*

twenty + twelve =