人に伝える難しさ。気持ちは伝わると思っていませんか?伝えてますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは
シンディーです。

「言わなくても分かるよね?」

ってあなたは思ったこと、言ったことってないですか?
そんなこと流れから分かるとか、考えたらわかるとかって思っていませんか?

でも、実際は
全然違うように理解されていた。
全然違うことをされていた。
誤解して機嫌が悪くなった。

今日は私の体験を元に人間関係(コミュニケーション)についての話です。

 

恋愛でも、
「そんなこと言ってない!」
「こうやって言った!」

など自分が当たり前に伝わってると思っていたことが伝わってなかったり、
ちゃんと説明をしていないことが原因で、間違って理解されるとかあります。

私もそれが原因で上司と関係がこじれたり、恋人と喧嘩したりといった経験はよくあります。

【そこでどうすれば良いのか?】

できればそういったコミュニケーションのトラブルは避けたいですよね。
なので、私なりにどうそういったトラブルを回避すれば良いのか考えました。

1. 「当たり前に伝わってるはず」を必ず疑う。

人の理解の仕方、受け取り方は違うとまず認識します。そして、自分が当たり前だと思ってること、「これは確認しなくてもわかってるよね」ってふと思ったことなどは念のため伝える、もしくは確認すると良いと思います。

2. 自分の考えはちゃんと相手が誤解せずに理解できるように伝える。

これは様々なテクニックがあるかもしれません。例えば、5W1Hを意識するとか。
いつ、誰が、何を、なぜ、どこで、どうやってをちゃんと伝えるとか、「あれ」「それ」といった相手にとって曖昧な言葉を使わないとか、色々あると思います。
後は相手に言ったことを理解しているか説明を求めることもあると思います。
自分が話す前にどう説明するか「組み立て」をするのも良いでしょう。

3. 思ってることは一つ一つ伝える

「言わなくても分かる」は本当に当てにしないほうが良いと思います。
「それ言わないとわからないよ」と恋人と喧嘩した後に話をしたことは多々あります。
仕事でも、「それを後から言われても」と言われたこともあります。
「なんで伝わらない!」とイライラするのって本当にストレスになってしまいます。
初めからちゃんと伝えることを面倒だと思わないで伝えていれば誤解は減るでしょう。

いかがでしょうか。
本当にコミュニケーションでトラブルってありますよね。
しかも毎回同じことが原因で繰り返し喧嘩するとか、誤解をするとか。
そんなトラブルを少しでも解決できないかと頭を整理しました。
もしあなたも同じような経験があれば、一度試してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。









コメントを残す

*

20 + thirteen =