喧嘩の解決方法?体力も時間もかかるかもしれないけど、諦めないこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは
シンディーです。

今日はパートナーとの関係(コミュニケーション)についてです。

これは恋愛だけではなく、仕事など色々なパートナーに共通することだと思います。
私と私のパートナーが今までに考え方や価値観の違いを感じながら、自然とできた決め事があります。

【話すことを諦めない】

あなたはパートナーと考え方や価値観の違いを感じた時、どう対処しますか?

「面倒だから適当にあしらう」
「相手に合わせる」
「話合わず時間に任せる」
「他の人に仲介を頼む」
「相手を説得する」

私とパートナーが考え方や価値観の違いを感じた時はこうします。

「とことん話し合う」

これは別に新しい対処法でもないし、時間も体力も使います。

でも、私はこのやり方はパートナーとの関係をこれからも繋いでくれると思っています。
パートナーもきっとそう信じてくれています。

【なぜこのやり方が大事だと思うのか?】

それは自分もパートナーも生きてきた環境も積み上げてきた経験も違います。
なので、違いがあって当たり前です。
人はエスパーではないので、相手のことを全て見透かすことはできません。
相手と長い時間いるからこそ、態度、発言、行動からある程度相手の気持ちなどを予測することはできると思いますが、100発100中で相手の気持ちを完全に理解することはできないと思います。

じゃあ相手の意見を受け入れる?それとも自分の意見を押し通す?
私はこれではいつか限界がくると思っています。
なぜなら、相手の意見を受け入れる、自分の意見を押し通す場合は必ずどちらかが我慢をしていくことになると思うからです。

じゃあ、話し合うのをやめて時間に任せる。
これも私は良い方法だと思えません。なぜなら根本の解決にはならないし、どちらかの心にわだかまりが残る可能性があるからです。

【とことん話し合うってどういうこと?】

それは自分はこう思っていた、相手はどう思っていたかを伝え合うことです。
そうするとどうなるか?

・相手がどう思っていたのかを知ることができる
・自分がどう思っていたのかを伝えることができる
・誤解があった場合、それが解消される
・お互いに向き合えていると感じられる
・相手の意見、自分の意見の両方を考えて結論を出せる
・相手の意見を踏まえて今後の行動に考えられる
・相手も自分の意見を踏まえて行動を考えてくれる
・明確な解決策が見えなくても、お互いはこう考えていると知り、その場を収めることができる(もちろん必ずそうなる保証はないです。必要によって落とし所を決める必要がある場合もあります)

上記のようなことが「とことん話し合う」ことでできると思います。

ただこの方法は体力も時間もかかります。時にはタイミングが悪ければお互い精神に負担がかかることがあります。その代わり、強い絆ができると思いますし、本当に相手が自分にとって大切な存在かをよく考えることができると思います。

パートナーは自分にとって本当に唯一のパートナーなのか知るためなら、体力や時間を使ってでもとことん伝え合う努力をすることは無駄にならないと思います。

いかがでしょうか。
あなたはパートナーととことん話し合いをしたりしますか?

もちろん、人によって合っている対処法はあると思いますし、人間関係に100%はないと思います。場合によっては話し合いをすることで終わりを迎える場合もあります。
ですが、ずっと溜まったものがあったり、どちらも我慢している様子などが見えるなら、一度とことん話し合ってみるのも一つの手だと思います。

読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。









コメントを残す

*

five × 4 =