留学して大学を卒業?海外の大学に行くべきか相談されたらどう答える?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは
シンディーです。
今日は留学についてです。

私は高校を卒業してアメリカに行きました。
そしてアメリカの大学を卒業しました。 途中同じ系列の大学に転学したこともあり、トータルで約5年ほどです。
プロフィールなどでもお話したように、ずっとアメリカの大学にいくことを熱望していたわけでも、アメリカの大学でやりたいことがあったわけでもありません。
そんな私を留学させてくれた両親には本当に感謝です。

それで留学に興味がある人は、

「留学したほうが人生にとって良いのか?」
「日本の大学と海外の大学どちらに行ったほうが良いのか?」
「英語を使う仕事をしたかったら海外の大学に行ったほうが良いのか?」
「海外留学すると視野が広がるのか?」

そういった悩みというか、ことを考えると思います。
もしあなたに留学経験があって、もしこう聞かれたらどう答えますか?

【私が答えるとしたら】

私は今ならこう答えると思います。

「海外の大学に行きたいと思っていて、行けるのなら行ったら良いと思う」

この言葉だけだと何か冷たい感じがするので、説明をします。
この言葉をさらに補足をすると、

・あなたが海外に今行きたいと本当に思っている
・両親や家族があなたを留学させられる経済的な状況

さらに付け加えると
・海外に行くなら十分に自分の身の安全を考えた行動をすること
・海外の大学、日本の大学、どちらが正解というのはない。正解がどうかはあなたが将来振り返って判断できること。
・人生はあなたの選択で成り立っている。だから、海外でも日本でも自分が選択したほうが正解だと信じること。後悔しないこと。
・海外に行ったからといって、将来の選択肢を必ず英語を使わなければいけないと思わないこと

そして、私が海外に行って良かったと思うことを伝えます。

・日本の良さを改めて実感したこと
・人がなかなかできない経験をして、その話ができること、人に興味を持ってもらえること
・仕事だけに限らず、英語をツールとして活用できること
・これは人から言われたことですが、人に話しかけるハードルが下がったこと

上記の「人に話しかけるハードルが下がった」というのは私の兄弟から言われたことです。

今は私は道に迷ったり、何か不思議に思ったりした時、近くにいる見知らぬ人でも簡単に声をかけて聞いたりします。
それは迷っている時間がもったいない、地元の人ならきっと知ってる、など理由はあるのですが、そこに聞くのは恥ずかしいとかそういう気持ちをほぼありません。

この今の行動は私の家族や兄弟からしたら驚きなんだと思います。
それは私は元々かなりの人見知りなんです。
親戚の家に行っても特に話さなかったり、誰かと2人で話すことも緊張していました。
今は緊張などはありますが、人に話しかけたり、初対面の人と話をしたりできるようになりました。(もちろん人によって上手く話せない人もいますが・・)

人のハードルが下がったのは、留学だけではなくて、日本に帰ってきてイベントに参加したりしたことも影響していると思いますが、留学が大きく影響しているんじゃないかと私も思っています。

ここまで書きましたが、実際に日本の大学に行ったことがない私は日本の大学生活はわかりません。だから、日本の大学に行くとどうなるかは行った人がわかると思います。

私が思うのは、「どちらを選んでも自分を信じる」これが一番重要なんだと思います。

もしあなたが留学を考えているなら、私のこの話が少しでも決断する参考になればと思い書きました。

読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。









コメントを残す

*

two × four =