伝える力?仕事はストーリーで動かそう 好きな音楽の好きな理由に気づく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは
シンディーです。
あなたは自分が普段聞いてる音楽を好きな理由を説明できますか?
普段そんなことを考えたりはしない人が多いと思います。

今日はこの本を読んでいました。

「仕事はストーリーで動かそう」

【この本の内容】

この本はタイトルに書いてあるように「ストーリー」の持つ力だったり、どうストーリーを使えるか、ストーリーでどうなれるか、ストーリーで何を誰に伝えるかなどが書いてあります。

この本の中にハリウッド映画の多くに入っている3要素の話がありました。

「何かが欠落した、もしくは欠落させられた主人公」
「主人公が何としてもやり遂げようとする遠く険しい目標・ゴール」
「乗り越えなければならない数多くの葛藤・障害・敵対するもの」

が入っているそうです。
この要素が入っていればストーリーになると書いてあります。
あとはその次に構成として「つかんで」「揺らして」「満足させる」を意識するそうです。

タイトル、オープニングで面白そうと思わせ(つかむ)
成功、挫折などを繰り返しハラハラさせ(揺らして)
最後はハッピーエンドでよかった(満足させる)

と書いてありました。
私は小説を書くことが好きで、このブログでもささっと読める小説「ささ読み小説」を書いています。
なので、この3つの要素構成の話は勉強になるなと思いました。

【この本を読みながら考えていたこと】

それは自分にはどんなストーリーがあるかな?

と読みながら頭の中で考えていました。
それはプロフィールにも書きました。

ざっくり言うと
・人に流されて生きてきた
・それではいけないと自分で生きる覚悟を決めた、本当の意味での自立をすると決めました
・自分と同じように変わりたい、変わると覚悟した人にこのブログを通してメッセージを伝えたいと思いブログを書き始めました。
・結果(は今から作り上げます)

この本の3要素でいえば今は「つかむ」(タイトルやオープニング部分)だと思います。
小さな成功で言えば先日100記事を達成したこと、そして今このブログを楽しみに読んでくれている人がいること、その人にも大切なメッセージを伝えられるように書き続けます。
まだまだ不安や課題などもありますが、諦めずに頑張ろうと思います。

【自分が好きになる音楽について】

記事のタイトルでも分かるように、私は普段音楽を聞きます。
よく聴く音楽は映画に使われるような音楽やゆったりした切なくなるような音楽です。
単純に映画が好きとか、使われる楽器の音が心地が良いということもありますが、よく音楽を聞きながら、頭の中でストーリーを思い描いていることに改めて気づきました。
小説を普段書くからというのもありますが、小説を書き始める前から、音楽を聴きながらストーリーを想像するのは好きでした。

そんな感じで自分のことについて一つ改めて気づいた話でした。

読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。









コメントを残す

*

20 + three =