上手くいかない時の対処法を考える前に、その理由をどう考えるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは
シンディーです。
生きていると人と接する機会はたくさんあると思います。
そこで生きてきた環境も価値観も違うのですれ違いなどが起こりますよね。

家族や恋人と喧嘩したり、上手くいかないのは価値観が違うからでしょうか。性格の不一致でしょうか。

最近考えます。
結局は自分に余裕がないだけで、相手をちゃんと見る事ができてないから喧嘩やすれ違いが起きる。結局自分を余裕のない状態にまで追い込んだのは自分。
そして自分を余裕がある状態、相手をちゃんと見れる状態に持って行く前に
相手が愛想を尽かしてしまう。

その負のスパイラルを抜け出すには、やはり自分が相手を大きく受け止められる状態を築くしかないと思います。

何かに頼らないといけない状態は負のスパイラルを続かせてしまう。
それはきっと会社でもそうだと思います。

この人がいなくなったら、この会社が潰れたら、そんな恐怖や不安があった状態では、
人とも会社とも良い関係が築けるとは思えません。

まずは頼らなければいけない状態を何とかする。それが大切。

それは誰にも頼ってはダメということではなくて、
自分がしっかり立ち上がり、歩けることで、他の人が頼ってきても支えられる。
他の人が困っているのを助けられる。そう思うからです。

「誰かを幸せにする前に自分を幸せにする」ということを聞いたことがあります。

誰かが頼ってきても大丈夫。
誰かが困っていたら助けられる。
そんな自分になるために、自分がまず立ち、しっかり歩けるようになる。

ただ、だからといって大切な人を失いたいとは思わない。
大切な縁を守るために自分が歩けることがやっぱり大事だと思うからこそ、まず自分をどうにかしないといけないと思います。

読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。









コメントを残す

*

19 + six =