自信を持つことは自分を守ることではない。それは自信?自己防衛?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人に嫌われたくない」
「バカにされたくない」
「飽きられたくない」
「自分ができるやつだと評価してほしい」
「褒められたい」

あなたにもこんな気持ちになる時はありませんか?

私はあります。正確に言うと自分を振り返るとそんなことを考えていたんだろうなって思うことがあります。

仕事で何か指摘された時、プライベートでバカにされたと思った時、いろんな時に振り返ると自分を守ろうとしてしまうんだと思います。

それはプライドというか、自信がない自分を知られたくないとかばっているんだと思います。

本当に自信がある人は他人の評価や発言に対して過敏に反応はしないんだと思います。

自分を守るのは人間に備わっている機能だと思います。
ただ、何かを指摘されたり、指導された時に自分を守ろうとしてしまうと相手の言葉が入ってこなくなり、自分が成長する、自分に足りないものに気づくチャンスを逃してしまっていると思います。
自分はそれで良いと殻に閉じ困ってしまう気がします。

最悪の場合、相手が悪い、相手がおかしいと批判をして自分を守ろうとしてしまいます。

あなたはそんな経験ありませんか?

【今後心がけること】

まず、自分に足りないことは素直に受け止める。
今できなくても大丈夫。できるようになるから大丈夫と自信を持つ。

まずは自分を守ろうとしていると気づき、冷静に今何が起こっていて、なぜ起こっているのかを考えられるようになれば良いなと思います。

読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。









コメントを残す

*

10 + 17 =