人のために生きるを意識する。根本的な間違えに気づいた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは
シンディーです。

あなたは

「自分の行動が変わっているな」
「自分の起こることへの受け取り方が変わったな」

など自分の変化を感じたことってありますか?
現在感じながら生活をしている人もいるかもしれません。

今日は自分の感情や行動が変わったと実感することができている話です。

「人のため」を最近考え始めた

人のためを考えることが大事ってよく聞くかもしれません。
例えば、「お客さんのことを考える」って言われたり、本に書いてあったりしますよね。

キッカケは最近ある人から改めて教えてもらったこと。
そして私が目指していることに「人のため」が前提ということ。
そしてブログに書きましたが、感謝や人の縁を感じたことです。
http://shindy5380.com/feel-appreciation-and-connection-with-people/

普段から自分中心だった。

自分がいっぱいいっぱいの時などに家族、友人、職場の同僚などに頼みごとされたりすると
心の中では「良いよ」と素直に言えない時はありませんか?

「今大変なのに」
「今忙しいのに」
「そんなことやる暇があったら、自分のことをやりたい」

そんなことが頭の中をよぎってしまい、イライラしたり、焦ったりする時ってあると思います。
正直私はずっと余裕もなく、イライラしたりしていました。

「イライラしたくない」
「焦ってはだめだ」
「変わらないと」

そう思えば思うほど、イライラや焦りが増すばかり。

結局自分のことばかり考えていたから焦ってイライラしてた。

「お金、お金、お金」
「自分に利益がない」
「自分の生活に関係ない」
「自分がきつい」

結局この考え方で何も上手く行っていません。
この考え方も結局今まで(現状)と同じなんですよ。
しかも、こんな自分に頼りたい、何かを与えたい、協力したいって思えないですよね。

冷静に考えると人のために行動することで、信頼をしてくれ、自分のためにも動いてくれる

「あの人はこの間相談に乗ってくれたから」
「あの人があの時助けてくれたから」
「あの人なら解決してくれるかも」

こう思ってもらえるから頼られたり、助けを求められたり、価値を感じてもらえますよね。
ビジネスでも「あの人なら」と思ってもらえることで、「やってみない?」と頼まれたりしますよね。

じゃあ普段の態度や行動はどういったものなら、ビジネスでも生活でも人間関係でも良い習慣を作ることができると思いますか?

どうすれば「あの人なら」の「あの人」になれると思いますか?
それはきっと「人のため」だと思うんです。

「人のため」と考え始めたことで人間関係や自分の受け取り方や行動が変わってきた

今までは自分中心ばかりだったため、振り返ると家族ともぶつかったり、余計な言い合いが絶えませんでした。
でも、何かを考える時に「人のため」と考え出して進んで家族のためになるようなことをしたり、誰かのためにすることにイライラしたり、不満を感じなくなってきました。

今までどれだけ自分に余裕がなかったのかを思い知りました。

「お金」「仕事」「生活」大事だと思います。
でも、その自分を取り巻く環境にとらわれて自分本位でずっといても協力者も得られないし、価値を感じてもらえません。

私は「人のため」に行動したいと言いながら、考え方や行動は「自分のため」という矛盾した行動を続けていたことに気づけたことがまた自分が「変わる」チャンスになると思っています。

お金につながるから価値があると知らない間に思い込んでいたのかもしれません。
「人のため」を積み上げる訓練をこれからしようと思っています。

あなたは誰のためが大事ですか?

読んでいただきありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。









コメントを残す

*

2 × 3 =