聞き上手になる?まずは相手の話を聞いて、自分の考えを伝えること。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは
シンディーです。
普段生活をしていると悩んだり不安になったりしますよね。
そこで自分ではどうしても答えが見つからないと思うこともあります。

今日は相談をされた時の話です。

あなたがもし

「仕事が上手くいかなくてどうしたら良いかわからないから相談にのってくれない?」

と友人から頼まれたとします。そしてあなたは「良いよ」と返事をして相談に乗る時間がやってきました。まずあなたはその時どう話を進めますか?

【あなたは相手の考えを理解した上で自分の意見を伝えていますか?】

先日、後輩の男の子に相談された話をしました↓
http://shindy5380.com/is-your-choice-really-for-your-goal/

その他にも私は相談されることが普段あります。
その時に心がけるべきことは

「まずは相手の考えを聞けるだけ聞いて、それをふまえて自分の意見を伝える」

ことだと思っています。
もしあなたが、相手の状況だけを聞いて、相手の考えや意見を聞かなかったら?
恐らく相談に失敗することが多いでしょう。それはなぜか?

・相手の状況だけでは本当に相談したいことが分からない
・相手は何かしら自分の考えを持っている
・相手は自分の考え方、捉え方、気持ちを聞いてほしい場合がある
・そもそも相手は解決策を求めていない(よく女性はそうだと言われてますよね)
・相手は相手自身の考えに賛同してほしいだけ

上記のような可能性があると私は考えるからです。
例えば、

「これから就活するんだけど、自分の良いところが分からなくてアドバイスもらえない?」

と相談されたとしましょう。
その時にあなたは、

「就活するなら、まず君は〜な人で、〜のが得意だと思うよ。だから〜って言ったら良いんじゃない?」

と自分の中にある相手の印象をいきなり相手に伝えますか?
これはあまり良い話の進め方ではないと思います。
私ならまず、

「自分ではどう思うの?」

と聞きます。
なぜなら、この相談の場合、最終的に答えを見つけるべきは相談してきた相手、つまり自分自身だからです。
もし私が相手の印象だけでズバズバ適当なことを言ったとしても、それは私が相手をどう見るかというだけで、相手自身がそう思っているとは限りません。それでは相手も

「私ってそうなのかな・・・?こう思っていたんだけどな・・・」
「自分の考えを聞いて欲しかったのに・・・」

と混乱したり、閉ざしてしまったりする可能性もありますし、そもそも私の言ったことを受け入れるのは難しいでしょう。

【自分ではどう思うの?と聞いた後は?】

恐らく相手がなんとなくでも思っている自分の印象を話し出すと思います。
そしたら、次に聞くのは

「どうしてそう思うの?」

と相手がそう思う理由を聞きます。すると、「こんなことがあってね」「こんなことを思ってね」と相手の考えてきたことや経験などがさらに理解できます。
ただそれを聞くだけでも相手自身が「あっ、私ってこう考えてたのかもしれない」と気づくこともあると思います。
大事なのは自分で気づくことだと思います。教えてもらうのではなく、気づく。
相談を受けた人は気づかせてあげることが大事だと思います。

相手も自分で気づいたことでやっと自分自身が納得できると思います。

【自分はどう思うの?という質問で、相手から何も出てこないなら】

その時は、

「今までどんなことをしたの?」
「今までどんなことがあった?」
「今までどんなことを考えてきたの?」

そういった相手が自分自身のことを自分で振り返るキッカケを作ってあげるといいと思います。

【自分の意見を言うタイミングは?】

もし

「うまく相手が自分自身のことを理解できてないな」
「ここはちょっと考え方を変えたほうが良いな」

「これはちょっと整理できてないな」

と思い、自分の意見や考えを伝えようと思うなら、

「〜言ってたけど、こういうこと?こう思ったってこと?」

と自分の解釈や理解を伝えてみて、さらに相手に考えてもらったり

「〜って言ってたけど、それはこういうことになってしまわない?例えば、僕の経験でこんなことがあったんだけど」

とやんわり相手の考え方は本当に正しい?と聞いてあげたりすると良いと思います。また、自分のエピソードを交えると、自分のいうことに説得力が出ます。「本」で読んだんだけど、自分が勉強したことを伝えても説得力が出たり、信用してもらえたりする可能性はあがります。

いかがでしょうか?
根本的に、私が相談にのるときは、相手の状況や考えが理解できないとアドバイスや意見は言えないので私はそう心がけています。もちろん相手や自分の状況で100%できているとは言えないと思いますが、最近は特にこの「相手の状況と考えを先に聞く」が相談にのる中で大事だと思います。

読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。









コメントを残す

*

five × one =