ビジネス書のおすすめの読み方?本を読むときは目的を決めること?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは
シンディーです。
あなたは普段どんな本を読みますか?
ビジネス書、自己啓発本、ウェブ関係など専門知識の本、雑誌など色々ありますよね。

あなたは「ビジネス書」の読み方に工夫はありますか?

「私は本の隅々まで読む」
「私は気になった項目だけ読む」
「私は速読ができる」
「私は何冊かを並行して読む」

など人によって読書の仕方があると思います。
私は本はできるだけ隅々まで読むタイプです。

「読んでないところに重要な話があったらどうしよう」
「全部読まないと読んだとは言えない気がする」
「全部読まないと本に書いてることがちゃんと理解できない」
「あとは最後までちゃんと読みたい」

そんなことを考えて読んでいます。
ただ、今まで読んだ本の内容をきちんと理解できているか?
と言われるととても不安になります。
元々本や新聞などをあまり読むタイプではありませんでした。
漫画を読んだり、映画など映像を見るのを好んでやってました。
仕事をし始めて私は本を読むようになりました。
毎回自分の中で気になっていることが一つあります。
それは、

本を読んで書いてあった内容が身になっているのか?

これはもしかしたら誰しもが思うことかもしれません。
本を読んで達成感を味わっても、内容を覚えてなかったり、実際に使えなければ意味がありません。

そこで本の読み方について気になって、今回本屋一つの本を購入しました。

レバレッジ・リーディング

【この本を読んで印象に残ったこと】

この本はビジネス書の読み方について書いています。
速読ではなく、多読についてです。

この本の基本的な考え方は、本は投資で、読めば読むほど利益をあげることができるということです。
この本で書かれている内容をざっくり説明すると「本でどんな情報を得るか目的を決めて読み、ジャンルによって何冊も読み、自分に合うやり方で実践する。」といった感じですね。
また、読むといっても、「自分に必要な部分(目的に合った部分)だけ読む。」そして実践するそうです。

私の印象に残ったことは、

「目的を決めて読む」

ということです。最初にお話した通り、私は読書を隅々まで読みますが、実際にはあまり活用ができず、内容も知識として細かく覚えているわけではありません。
私の今までの読み方だとどうしても読んだ達成感だけで、時間の無駄になってしまいます。
それは避けたいです。

そこでこの本に書いてあるように、自分が何を知りたいかを決めて、気になる部分だけ読み、それを実践してみる。それを積み重ねる方が私は身になり、実際に結果を出せるのではないかと思いました。

実際にこの本から私が実践したいと思うところは、「目的を決めて、気になるところを読んで実践する」ということです。

もちろんこの本には他にも説明された内容があります。読書環境の話やネット購入や実店舗購入の使い分けになど、色々なことが書いてありました。

ただその中でも自分が気になった上記のポイントを私は実践してみようと思います。

・本は100%丸暗記できるわけではない
・本の情報全てが必要というわけではない
・実際に実践(経験)して始めて身につく

そういった理由で私は「目的を決めて、気になるところを読んで実践する」をやってみようと思います。

あなたは本をどんなふうに読みますか?

読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。









コメントを残す

*

20 − three =