仕事を選ぶ基準は?なぜその道?それは目標を達成するためですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは
シンディーです。
あなたは何かを選ぶ時はどんなことを考えて選んでいますか?

今日は「選択すること」と「目標」について考えさせられた出来事をお話します。

これは私がブログを書いている意味にも繋がっています。

【後輩の男の子からの突然の連絡】

昨日突然、久しぶりに後輩の男の子が連絡をくれました。
相談があるとのことだったので、電話で話をすることに。
話すまでどんな相談があるのかわかりませんでしたが、電話の最初の方で自分が役に立てるかもしれないと直感的に思いました。

【今後のキャリアの選択を迷っている】

それが彼の相談事でした。
私はつい最近、自分で生きる道を選ぶと決意して歩き始めました。
そしてこのブログを自分のように進むべき道を悩んだり、色々なことに流されたりしている人のために書きたいと思っていた時に彼から連絡があったことは必然だと思います。

私が飲食店でアルバイトをしている時に出会った彼は、ずっと夢がありました。
それは自分の飲食店を持つこと。
自分の夢がはっきりしていて、それに向かっている人は尊敬します。
なぜなら私がずっと決められなかったことなので。
そして最近彼は飲食店とは直接的に繋がりそうには見えない選択をしようかと考えていました。
年齢、経験、業種、知識、様々なことを考えた上で彼はその選択をしようかと考えていました。

自分の年齢を考えて今後のことを考える。
自分の経験を考えて何かに挑戦する。
自分に必要な知識を得るために何かをする。
人との繋がりを目的に行動する。

これはとても重要なことだと私も思います。

「何か新しいことを始めるなら若いうちにやらなければいけない」
「やったことがないことをするなら、経験を積まなければいけない」
「知識を増やしていかないといけない」
「自分が求める人と会うには、その人と会えることを選ばなければいけない」

この考えはとても重要ですよね。
あなたもそう思いませんか?

でも、一番重要で忘れてはならないことはないでしょうか?
それは

「何のために上記のことを考えている?」

何のために年齢を考えるのですか?
何のために経験を得るのですか?
何のために必要な知識を得るのですか?
何のために繋がりを得るのですか?

私が彼の話を聞いていると、この「何のために」が彼には抜けているような気がしていました。

私の場合は、「私のように進む道を迷ったり、流されて生きてきた人に自分が変わるキッカケを作るため」にブログを書きます。

彼の場合は、「将来自分の飲食店をひらくため」に進んでいきます。

沢山の人に話を聞いたり、何かの仕事を選んだり、何か行動したりするための「基準」が人生の目標「何のために」であり、その基準があるからこそ、

「その人の話は聞くべきかどうか」
「その仕事はするべきか」
「その知識は必要か」
「その繋がりは必要か」

などが迷わず判断ができるのではないでしょうか?
インターネットでも沢山の情報があります。
沢山の人が様々な情報を提供しています。
どれが正しいのか?を判断するにも、それは自分の目標に合っているか?役に立つか?と判断の基準にできます。
生活の中での行動も基準を持って実践できます。

【後輩と話をして改めて思ったこと】

彼と話をしたことで、私のブログは私の達成したい目標に沿ったものになっているか?
目標に沿った記事を書いているか?など考える「キッカケ」になりました。

彼が私と話したように、私が彼に話をしたように、このブログもあなたにとってのキッカケになることを願い、これからも進んでいきます。

読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。









コメントを残す

*

four × two =