人の話をどう聞くかを決めておけば振り回されずにブレないでいられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは
シンディーです。
今日は人の話について
皆さんは普段仕事や生活の中で先輩、家族、友人と接する機会ありますよね?
そこで色々な話をすると思います。

あなたはアドバイスをどう受け取りますか?

生きていく中で友人からアドバイスされたり、先輩から仕事のことをアドバイスされたり、家族から人生についてアドバイスされたりとあると思います。

【どんなアドバイスがある?】

いろんな人、いろんなアドバイスがありますよね。私はアドバイスを聞く人か聞かないかの判断はとても大事だと思います。なんでもかんでもアドバイスを聞き入れると振り回されてしまいます。人によって言うことが全然違う場合があります。言っていることが本当かどうかさえ分かりません。

「ただ人の悪口を言いたいだけ」
「その人のことを心配して言っている」
「自分が優越感を抱きたくて言っている」
「バカにして言っている」
「その人の考えを引き出そうとして言っている」

考えただけでも色々なアドバイスがあると思います。
正直アドバイスを求めてないのにアドバイスをしてくる人もいますよね。

結論から言うと
「どんなアドバイスを受けたとしても、自分が聞くか聞かないか次第」
ですよね。

「あなたのためを想って言っているからね」
とか言っている人でも、本当の本当は自分の価値観や理想を押し付けている人もいます。

そこで私は自分がアドバイスを受けた時にそれを聞くか聞かないかをちゃんと考えて判断することが大事だと思います。

悪口ばかり言っている人、人をバカにしている人のアドバイスはまず論外ですよね。

「俺の言っていることさえやってれば良いんだよ」
みたいなことを言われても、それはその人の話であって自分に合っているかは分かりません。

とにかく人と接しているといろんなアドバイスに出会うと思います。ネットやブログを見ててもそうですよね。
もちろんこの私のブログもそうです。

【一番大切なのは自分の達成したいゴールに合っているか?】

これが一番アドバイスを受け入れるかどうかに大切だと思います。
ただ前提として、判断をするにはそのもらったアドバイスをちゃんと自分の中で吟味することです。

「これは自分のやりたいこと、やっていることに合っているか?」

もう少し具体的にすると
「この本を読むことで自分のビジネスの役に立つか?」
「このアドバイスを守ることで自分の習慣を良い方向に持っていけるか?」
などでしょうか。

そうやってもらったアドバイスを判断した上で、受け入れるかどうかを決める。そうすることでアドバイスを有効に使えたり、アドバイスに振り回されなくなると思います。

本当に世の中は沢山の情報に溢れています。
インターネットの普及でさらに情報に触れることができるようになり、その反面情報に振り回されるようになります。

私が信じていることも正解か不正解かは誰にもわからないと思います。
ただその中で自分が正しい、これは素晴らしいと決めていくのは自分です。他人ではありません。

だからこそ自分が実現する未来に沿ってアドバイス(情報)を判断する必要があると思います。

以前書いた「不満」の区別もつながると思います。
自分のゴールを達成するための自分の感情や気持ち(これも一つのアドバイス)の判断が必要だということです↓
http://shindy5380.com/distinguish-dissatisfaction/

【ブレない自分になるために】

人からのアドバイス(大きな意味で情報)は自分の判断基準をもうけて判断することが大切だという話でした。

ただの悪口や批判はもちろん無視して良いと思います。
でも、他の自分に役に立ちそうな情報かどうかはちゃんと判断していきたいですね。

あなたはどうやってアドバイスを受け取りますか?

読んでいただきありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。









コメントを残す

*

twenty − fifteen =