問題解決の手法。友人の相談に自分では対処できない時にどうするか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは
シンディーです。
日々生きていると色んなことがありますよね。
自分にも色々起きますし、友人や色んな人にも出来事があると思います。

今日は友人に突然相談をされた時の話です。

私は友人から色々なカフェやレストランなどに行ったことがあり、良いお店を知っていると思われている時があるようです。
確かに福岡のカフェは色んなカフェに行きましたし、私自身色んなお店を開拓していきたいと思っているので、世の中にどんなカフェやレストランがあるかは気になります。

【突然友人から相談を受けました。】

友人が大切な人を連れて行ける良いレストランを探しているので、私がもしどこか知っていたら教えてほしいという内容でした。
その友人は私が本当にいつもお世話になっているし、どうにか力になりたいと思う反面、実は最近あまりカフェやレストランを開拓していなく、正直どうしようと思いました。
とにかく私は友人がどんなレストランを希望しているかをヒアリングしました。
そして、とにかく私も探してみると言って、電話を切ります。

さて、どうしようか。

インターネットで手当たり次第に探しても時間もかかるし、そもそも行ったことがないので写真だけでは信用ができない。

そこで私は思いつきました。
職場の人で、年代が近く、そういったレストランなどに詳しそうな人に聞けば信用ができる!
今回は洋食希望だったので、洋食系で詳しそうな人に連絡して聞きました。
そして、お店の候補をできるだけ出せるように、心当たりのある複数の人に聞いてみました。

私が行ったことがなければ、実体験を持った人に聞くほうが友人に喜んでもらえる可能性が上がると思いました。

友人に教えてもらったレストランで、一つ私自身も気になったレストランがあり、そこの写真で雰囲気を確認し、口コミを確認して友人に勧めました。

【ここで考えたこと】

ここでいくつか考えたことがありました。

・最初に必ず相手が望むことを聞く(今回は友人が希望するジャンル、趣旨など)
・自分の力だけで必ずしも目的を達成しないといけないわけではない。

・時間や制限の中から目的(今回は友人に喜んでもらう方法)を考える。
・最後に自分でも確認し、意見や考えを伝えること。

上記のことを覚えておくことが大事だと思いました。

ただ、本当は自分が行ったことがあるお店で、間違えないと友人に伝えることがベストだったとは思います。

私を頼ってくれた友人に本当に喜んでもらうためには自分の体験を添えられなかったのが、心残りです。友人が本当に喜んでもらえるかどうかは後は運任せになりますが、幸せな一時を過ごしてくれることを願っています。

読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。









コメントを残す

*

5 × two =