「感謝の意味」と「縁の意味」自分の身で体験して気づく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは
シンディーです。
私が今感じていることを書こうと思います。

あなたは「感謝することは大事だよ」って聞いたことがあると思います。この言葉、あなたはなぜ大事だと思いますか?

人の縁の大切さを改めて感じ、感謝したいと思った。

「感謝することが大事」ってよく言われたり、書いてあったりしませんか?それってあなたは抵抗もなく、疑問もなく納得できますか?

感謝することの意味がわからないわけではないけれど、まるで合言葉のように「感謝する、感謝する」と言ったり言われたりしても呪文のように聞こえてしまい、あまり信じられなくなったりしませんか?

何かしてもらったら感謝する。感謝の気持ちを示す。何かを返す。これは全然想像もつきますし、むしろ当たり前だと思うかもしれません。

でも、何もしてもらってない、もしくは何も接点がない人に感謝するのはどうでしょう?

以前記事でも書いたように、思考を巡らせれば人は沢山の人と繋がっていて、大きな流れの一部になっていると分かります。
http://shindy5380.com/how-do-you-live-your-life/

例えば、ざっくりですが、
自分の携帯は、携帯を企画・デザインした人や会社→携帯をつくってくれる人や会社(その前に携帯の部品を作ってる人や会社がいる)→携帯をお店へ運んでくれる人や会社→携帯を売ってくれる人や会社

こんなふうに沢山の人、会社が関わっているおかげで携帯を使うことができます。
だからこそ携帯を使えること、そこに関わった沢山の人や会社に感謝する。
これは考えたら分かります。

自分で気づき、実感して、だからこそ感謝ができる

本当に思っているかどうかは置いといて、「ありがとう」と誰かにとにかく伝えたりするとか、そういった習慣を作ることは素晴らしいと思います。
それが自分にできることであれば、やることは周りの状況などに変化が生まれると思います。

ただ、今回私がお伝えしたいのは、

「自分で人の行為や繋がりに気づき、実感することで感謝できる」

ということです。

私が実感したこと

ここ数日の記事にも書いていますが、私は今大きな挑戦をしようとしています。
そこに保証も何もないし不安や恐怖があるとも書きました↓
http://shindy5380.com/take-a-big-chance-no-give-up-this-time/

それで上記の記事にも書きましたが、「応援する」と言ってくれた人がいます。
そして、他にも「応援する」と言ってくれた人がいます。

その2人のサポートのおかげで大きな挑戦が叶う方へ向かっています。

長い付き合いだったり、あまりに身近な人だと、感謝の気持ちってそう毎日毎日感じること、気づくことってできませんよね?

「当たり前」の感覚

してくれるのが当たり前といつの間にかなっていて、感謝しないといけないのは頭では分かっているけどできない。
そんなふうに「当たり前」の感覚にとらわれてしまいがちです。

でも、本当に自分が望んでいること、本当に自分がピンチの時に「応援する」って言われてサポートしてくれたらどうでしょう?こんな時に「当たり前」が解けるんです。

当たり前が解けたおかげで自分が今まで感謝ができてないことを実感できた

私はその当たり前が解け、自分が本当に自分中心になっていたと気づきました。
その前に青山さんのセミナーで気づきが得られたことも大きいです↓
http://shindy5380.com/meet-coach-aoyama/

そしてもう1人の人です。
この人は長い付き合いではないですが、私の想いを理解してくれて
「応援する」と、本当に付き合いの浅い私を信じてくれたんだと思います。

その2人の気持ちを「自分が本当に挑戦したい」と思った時に感じることができたので、本当に感謝の気持ちが湧いてきて、感謝をしたいと思えたんです。

これは確かに私の作ってきた人間関係なので、自分の力でもあると思います。

自分じゃ何もできないという意味で言っているわけではありません。
これはあくまで私の思考や行動の結果が2人の「応援」を得るキッカケになったので、
そこはそこで自分を褒めようと思います。(あくまで自己評価は下げない)

自分に今「縁」があったから、「縁」を作れたからゴールに向かっていけると思います。

この経験から縁が大事というのを実感できた

「人の縁は大事」と沢山の人が言うし、呪文のように本に書かれています。
それは頭で理解できても、本当の大切さを実感できてるかは正直疑問です。
「感謝」のように自分で気づいて、実感して本当の意味で理解できると思います。

私が本当に1人で閉じこもって何も行動を起こさなければできなかった縁。
そしてその縁がなければ今の流れは来ていないという事実。

この2つを体感した今こそ「縁が大事」を理解できたと思っています。

もっと辿ると実は私の友人がいるからこの今の流れがあります。
昔から一緒にいて、色んな話をして、時には怒られ、色んな時間を過ごしています。
その友人がいたから今の流れになっていることは間違いありません。

その友人にも本当に感謝しています。大きなチャンスがゲットできたら友人にも
何か感謝の気持ちを表現したいと思っています。

あなたは感謝していますか?縁を結んでいますか?

読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。









コメントを残す

*

seven + five =