決断できない。行動できない。が成功する人になれない理由?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは
シンディーです。
あなたは何かを決めるときどのくらいの時間をかけますか?
あなたは何かを始めるのにどのくらいの時間をかけますか?

今日はこの本を読みました。

速さは無敵のスキルになる 田口智高

投資家の田口さんのこの本には即断即決について書かれています。
即断即決は「その場ですぐ決める」のような意味がありますが、田口さんの
定義でいう即断即決は即断(即何かを断つ)と即決(即決める)と2つの意味で捉えているそうです。

決めることと断つことは確かに大事だと思う

この本の一つに

「古いものを断つから、新しいものが入ってくる」

という考え方が書いてあります。
これは今までの(古い)習慣や時間の使い方をやめて新しい習慣を作ったり、
新しいことに時間を割くことで知識や人間関係ができた経験について話されています。

これは私にも同じ経験があります。
新しくこのブログを書き始めたことで沢山の本に触れ、沢山の視点に気づき、沢山の情報に出会っています。

ブログで私の経験、価値観、考え、出会った情報を伝えることであなたの「変わるキッカケ」を作る

この考えを元に毎日記事を考えたり書いたりすることで、自分自身にとっても
自身を見つめ直すキッカケになったり、ゴールに近づくために日々実践するようになりました。

「ゴールを決め、今までの習慣を変え、実践していくこと」が私の新しい習慣を作り、
日々の生活に良い影響を与えていると実感できています。

「いつかは」は絶対にやってこない

これも田口さんが本で書かれていることですが、そのままの意味です。

「いつかはこうなる」

これは実際に達成しないという意味です。
沢山の人が「いつかは」と考えたことはあると思います。

「いつかは車を買う」
「いつかは成功する」

こんなことを私も考えていました。
ここで苫米地さんのゴール設定の話になりますが、自分のゴールを決めたら
「なりたい」とか「なったらいいな」と考えるのではなく、すでにそうなっている
現在形でアファメーションを作ることがポイントと言われています。
詳しくはこの本を読んでみてください↓

コンフォートゾーンの作り方【電子書籍】[ 苫米地英人 ]

価格:1,404円
(2017/12/18 01:05時点)
感想(0件)

いつかはこうなるって言ってそうなった試しって思い当たらないですね。
絶対にないかと言われるとわかりませんが、ほとんどないと私も思います。

私がブログを書くと決めた時は、すぐその場で方法を調べて、ドメインを契約
などをしてブログを立ち上げました。
それを次の日や次の週にしていたらやるのを諦めていたかもしれません。

「成功する人は、即断、即決、即行動」

田口さんの言われるこのパートに「行動を起こした時点で8割成功」と書かれています。
この行動を起こすことが本当できる人とできない人で分かれると思います。
先ほどの「いつか」と繋がりますが、

「これやりたい」

って言いながらやらなかった経験は沢山あります。
実際にそれを行動に移せた経験の方が数で考えると少ないかもしれません。
「やりたい」と思うと「でも今は経済的にこうだから」とか言ってやらない理由を探して
実行までしない癖が人にはあります。
そのやらない理由に負けないで小さなことでも良いから始める力は本当に重要で
ハードルが実は高いものだと思います。

私が今ブログを書き続けていられるのは「やると決めて、すぐに実行したから」だと思います。
実行するのに躊躇した記憶がありません。覚悟を決めて、すぐやりました。

時間をかけ過ぎない、小さなことからでもやってみる

これは本当に大事だと思います。
なんでも考えずにやるというのは少し無謀な気がします。
ちゃんと思考をしなければいけないことはあると思いますし。
(悩むのではなく思考ですね。)
やりたいと思ったら色々事情はあるにせよ小さなことから実行に移してみると
次から次に新しい行動が生まれて大きくなってくると思うので、実行まで移してみる
のもとても大切だと思います。

読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。









コメントを残す

*

4 × one =