脳のトレーニング方法が書いてある本? まんがで鍛える 「脳の強化書」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは
シンディーです。
あなたは普段脳を鍛えることを考えたりしますか?

まんがで鍛える 「脳の強化書」

を最近振り返りました。
そこで自分が実践していることがありました。

それは
「理解系脳番地のトレーニング」
目で見た、耳で聞いた情報を理解すると時に働くのが「理解系脳番地」だそうです。
そうすることで
学習能力の向上、新しい発想が生まれやすくなる、その場の状況を正しく理解できるようになるとこの本には書いてあります。

その中でも実践していたことがありました。

一つ目は「見知らぬ人の観察」

本の中では電車内で傘を持っているおじいちゃんが晴れた日になぜ傘を持っているのか?という疑問を主人公が推測していました。

私は人間観察をすることがよくあります。
あの人はどうしてあんな行動をとっているのだろうか?
と自問自答したりします。
これ、意外と面白くて、気になった人を観察してると、疑問に思ったことの答えが後に分かったりするんです。
※もちろん人に迷惑をかけたり、不快にさせるようなやり方はダメです。

真実や真相は分からなくてもトレーニングになるそうです。

2つ目は「部屋の整理整頓や模様替え」

最近私のブログを読んでいただいている方はお気づきだと思いますが、100円ショップ「ダイソー」で部屋の収納などに使えそうなのを購入して整理してます。

「部屋という空間」の整理は「空間への理解力が高まり気づきが生まれる」そうです。
しかも「同じ理解系でも使う脳番地が違う」そうです。

 

100円ショップに行き、どの商品がどう自分の部屋や家に活用できそうかと考えるのは結構頭を使います。
これから私が心がけようと思うのは「製品の決められた使い方ではない使い方も視野に入れる」ことです。
ただ決められた使い方のために購入しても良いですが、これとこれを組み合わせてとか、これをあえてここで使ってと考えることは面白いですし、今まで発想の練習になります。
何より整理したことで部屋がスッキリして気分もスッキリします。小さな整理でも模様替えをした時のような新たな気分になれました。

 

ちなみに自分の「プロフィールを作ってみる」は自己分析ができて、様々な角度から自分を理解することができるそうです。
確かにこのブログのプロフィールを書いている時に改めて自分が行ってきたことを振り返ったり、「自分は何をしたいの?」など問いかけたり考えたりできました。

他にも脳の番地やトレーニングが本の中で紹介されています。
あなたも脳を強化してみてはいかがでしょうか?

読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。









コメントを残す

*

eight − four =